ドクター保坂のホームページ

こころのリエゾン
 

   トピックス

聖路加国際病院精神腫瘍科を定年退職し、病院前に「保坂サイコオンコロジー・クリニック」をオープンしました(案内PDF)。
読売新聞(2017年2月7日)に『「人生の深み」前向きに』の記事が掲載されました。
空海に出会った精神科医: その生き方・死に方に現代を問う』保坂 隆 (著)(大法輪閣)が出ました。高野山大学大学院で学んだ人間・空海についての精神医学的な大胆な仮説を読んでください。その生き方・死に方に現代を問う。
週刊朝日12月16日号」28−29頁に『「心」が元気になれば、がんでも長生き』という保坂 隆医師の記事が出ています。
がんでも、なぜか長生きする人の「心」の共通点』保坂 隆 (著)(朝日新聞出版)が出ました。
がん患者のぶっちゃけ「キレイ学」が2016年12月3日、聖路加国際大学で開催されました。ご参加いただきました皆様に心より感謝申しあげます。
BS-TBS「土曜ニュースまるわかり」に生出演しました(2016年9月3日放送)。
日経メディカルOnline(2016年6月10日)に「勤務医の30人に1人が自殺を考えるという現実」の記事が掲載されました。
「がんでも長生き こころのメソッド」CM
J-WAVE深夜番組(2016年4月22日)で「がんでも長生き こころのメソッド」のCMが放送されました。
CM録音です←ご聴取ください。
読売新聞(2016年3月5日)の「乳がん、広がる一括治療…診療科の垣根越えチーム」の記事の中に「聖路加国際病院が日本の先駆けで、8診療科がチームを組んでいて、精神腫瘍科がある」と記載されています(PDF)。
「がんでも長生き 心のメソッド」今渕 恵子 (著), 保坂 隆 (著)(マガジンハウス発行)がでました。乳がんステージ4の患者さんとの対談から,がん患者さんがどのように病気に向かえばいいのかを解説しています。
毎日新聞(2015年10月28日)に「免疫力上げてうつ克服」の記事が掲載されました。
南海日日新聞(2015年7月2日)に「離島モデル構築したい」(沖永良部島 心のケア講座、来年6月開催へ)の記事が掲載されました。
朝日新聞朝刊(2014年9月14日)に「乳がん検診 命守ろう」の記事が掲載されました。
下記の沖縄FMラジオの録音がUSTRAEMで公開されています。
保坂 隆 医師出演(FMコザ ラジオ局)(2014年6月27日放送分)
下記のTV番組(テレビ東京)がネットに公開されました。
Letters ―感謝の手紙―(2013年8月15日放送分)
『乳がんと震災で傷ついた心のケアにあたる精神腫瘍科医へ』
読売新聞夕刊(2013年7月11日)に「仲間と語り 希望見つける」(がん患者に集団精神療法)の記事が掲載されました。
50歳からは「孤独力」!(さくら舎)が第3刷までいきました。
本著は空海本シリーズの第1弾でもあります。
宮古毎日新聞(2013年2月17日)に「がんケア講演会 支援の重要性を訴え」が掲載されました。
「トトロが教えてくれた 家の力と家族のチカラ」2013年2月16日(宮古島)
宮古新報(2013年2月17日)に「患者心理の理解学ぶ」が掲載されました。
第34回沖縄がん心のケア研究会が宮古島で開催されました。
みんなの家庭の医学 コミコミクリニックのアーカイブに「うつ」に関わる様々な対処法や予防法を案内しています。
「うつ」と「うつ病」は全く違う!
毎日新聞(2012年12月24日)に 「患者支援へ精神科医育成を」が掲載されました。
日本医師会の勤務医の健康支援委員会も今年で5年目。横倉義武・日本医師会長から本年度の「医師の労働条件改善のための手引きとりまとめ」という諮問を受けました。
2012年11月30日〜12月1日、第25回日本総合病院精神医学会総会の会長として、総会の新しい方向性を示しました。この学会総会のビデオがYoutubeで公開されました
2012年11月13日(火)、有楽町朝日ホールで「アンチエイジングセミナー2012 睡眠でアンチエイジング 〜Sleeping Beauty〜」が開催され、講演 『睡眠と不眠症』を行いました。
朝日新聞(2012年11月7日)に「食べて免疫力アップ」が掲載されました。
東京新聞に「がんと心のケア 精神腫瘍医(No.1061)」が見開き2頁に掲載されました(2012年9月16日)。
若年性乳がん患者さんのためのグループ療法(Pink Ring)」へ参加者を募集中です。
あなたは 人目の訪問者です(2011年11月4日より)2017年8月12日更新